中学・高校

School Type Introduction

代案や方向転換として行く高校留学
日本の高校に通う代わりにニュージーランドに行く、受験結果が発表されてから方向転換として計画する高校留学の形が近年で注目されています。広い土地でのびのびと過ごせる自由な環境に恵まれ、選択科目は生徒一人ひとりのレベルに合わせて決められる単位制の教育システムなので、日本よりも自分に合う勉強ができるという利点があります。授業についていくためには一定以上のレベルの英語力は絶対ですが、現在の成績があまり厳しく問われず、留学生向けのサポートが整っていることもあって行きやすい留学先として注目されています。

Preference information

  • 費用が低めに抑えられる

    ニュージーランドの中学・高校はアメリカやイギリスなど他の英語圏の国と比べて学費が低いのが魅力の一つです。海外の高校に子供を行かせたいけどお金の面が少し気になる、という方に注目されています。

  • 成績や英語力があまり厳しく問われない

    ニュージーランドの学校の場合、出願の審査では成績よりも生徒本人の目的意識や志望動機などが大きな判断基準になります。日本の在学校の成績があまり芳しくなくても入学を許可してくれる学校が見つかる、というのは進路に悩む学生にとって嬉しいもの。求められる語学力もさほど高くないですが、不安がある場合は現地で英語の補修クラスを受けたり、英語能力を伸ばしながら本科の選択科目も検討する期間にもなる高校準備コースに通うのが有力です。

  • 留学生の受け入れに寛大

    移民が多く住むニュージーランドは外国から来る学生の受け入れに対してとてもオープンです。日本の教育が合わなくても、海外の学生はいつでもウェルカムな国に場所を変えてみれば得られるものもきっと変わってきます。